FXとは!?

 

FXとは”Forign Exchange Margin Trading”の略です。日本語でいうと、”外国為替証拠金取引”といいます。

外国人には、Forign Exchange Margin Tradingと言うよりは、Forex Tradingと言った方が意味が伝わりやすいです。

多くの方がやっている取引は、外国通貨を売買して為替差益(利益)を狙って取引しています。

中には、スワップポイント(金利差)を狙って取引しているトレーダーもいます。

大体のFXトレーダーが為替差益を狙って取引しています。

私も為替差益を狙ってトレードをしています。スワップを気にしてたら、まともなトレードができないので!

スワップポイントはおまけ程度に考えています。

FXは、通貨と通貨の力比べです。

強い通貨を買い、弱い通貨を売ると稼げる仕組みになっています。

強いと買われ、弱いと売られます。

例えば、アメリカの米ドルが強くて、日本の円が弱ければ、米ドル買い/円売り の取引を行います。

図の2000pipsというのが利益になります。

1円=100pipsになります。

1銭=1pipsになります。

例えば、1万通貨で取引していた場合は

1pips=100円で計算します。

この図の場合は、2000pips×100円=200000円

20万円の利益になります。

クロス円の利益計算は上記のやり方になります。

クロス円とは、ドル円、ユーロ円、ポンド円、豪ドル円、スイスフラン円、ニュージーランド円、トルコリラ円など

円が入っている銘柄のことを指します。

ドルストレートの計算は、

〇〇〇pips×現在のドル円レート=利益

になります。

ドルストレートとは、ユーロドル、ポンドドル、豪ドル米ドル、ニュージーランドドル米ドルなど、

米ドルが入っている銘柄のことを指します。

色々な銘柄がありますが、その中でも得意な銘柄を見つけると良いです。

しかし、基本は1番強い通貨と1番弱い通貨を見つけて、銘柄を選んでトレードすることが良いです。

 

 

 

 

 

 

おすすめの記事