【2020年6月15日トレード結果】

~2020年6月15日 トレード結果~

損益は→ +20,242円


先週末の久しぶりのマイナスから一転、昨日はプラス収支で終わってくれました(^^)/

 

投資なので、時には多少のマイナスはあっても当然です。

トータルでプラス出れば問題はありません(^^♪

 

自動売買システム(EA)さん、今週もよろしくお願いしま~す!!

 

 

 

新種のハラスメント「テレハラ」対策

「テレハラ」って、何ハラスメントかご存じですか?

 

ある意味でこれもコロナの影響でできたハラスメントと言葉ですね~

 

答えは「テレワークハラスメント」です。

またの名を、「リモハラ」リモートハラスメントと言います。

 

 

いろんなハラスメントと、いろんな言葉が出てきますね~

 

 

この「テレハラ」って、どういったものかというと…

 

 

テレワーク中の社員さんからは、

 

「いつも見張られている」

「以前よりたくさん報告を求められるようになった」

「常に会社と回線でつながっているのが不快だ」

 

といった不満の声が出ています。

 

 

そこに上司や管理職の人は、

 

「部下がサボっていないか気になって仕方がない」

 

といった言葉がでてきます。

 

 

そして出てきたシステムが、どれだけ仕事をしているのかチェックするシステム。

 

 

そりゃ、ここまでくれば確かにハラスメントかもしれません(笑)

 

 

 

しかしこのギャップは単純に、今までの「雇用形態」がテレワークになじまないだけなんですけどね。

 

 

事実、テレワークを導入した数社は、すでにこれまでの雇用契約を「業務委託契約」に切り替えています。

 

 

こうすれば、好きな時に仕事ができて、好きな時に休めます。

 

仕事も締め切りまでにできていれば、会社や上司も何も文句は言いません。

※業務委託で独立すると嫌な上司もいなくなります(笑)

 

 

雇用契約は、時間で給料を払うことになります。

 

なので、決められた時間内は常に何かをやってもらう必要があるわけです。

 

早く終わって、定時より早く退社するのはたまにしかできません。

 

定時より早く終わったら、新たに仕事を依頼されますからね~

 

 

でも業務委託契約なら、時間が何時でも、どれだけ短時間でも、仕事ができればそれで終わりです!

 

 

会社も不必要な残業代や、人件費を支払う必要もなくなり、お互いにwin-winです!

 

 

それなら私も業務委託に切り替える!

 

と言ってできれば問題はありませんが、なかなかそうはいきません。

 

 

今までの会社に所属していたとしても、テレワークは今まで使っていた時間が不必要になります。

 

結果的に時間ができてきます。

 

 

そのできた時間を利用して、いつ会社から抜けても大丈夫な収入源を作ってみてはいかがですか?

 

その収入源が、自動でお金を増やしてくれるものであってもかまいませんよね?

 

動画も参考にしてください!

 

興味がある方は、↓↓まずはLINEでお友だち追加をしてみて下さい。

 

プレゼントも全部無料です!





あなたの一押しがモチベーションアップにつながります。
↓クリックをお願いします↓


為替・FXランキング
おすすめの記事