【2020年6月12日トレード結果】

~2020年6月12日 トレード結果~

損益は→ -36,617円


昨日の自動売買システム(EA)さん、どうにか頑張ってくれたんですが、チカラ及ばずマイナスで終了(-.-)

 

昨日の記事【2020年6月11日トレード結果】で嫌な予感と書いていましたが、実は朝の時点でそれなりの含み損を抱えていました。

 

早い段階でそれは一気に取り戻してくれていますが、スワップがちょっとね…

 

それでも週間合計で5万円以上は増えているので、優秀ですよね。

 

週末はしっかり休んで、また来週も自動売買システム(EA)さん、よろしくお願いしま~す(^^)/

 

その節約は間違いかもしれません…

皆さん、節約生活していますか?

 

コロナの影響で、節約というより使いにくくなっているだけの方もおられるかもしれませんが…

 

多くの人が、所得ダウンや収入ストップの厳しい状況に追い込まれています。

 

 

そうなると、すぐに意識が行くのが「節約」です。

 

すぐに思いつくのが、娯楽費、光熱費、食費といったところでしょうか。

 

 

でもこの節約なんですが、視点を変えるととんでもなくもったいないことをしているケースも目立ちます。

 

 

最もわかりやすいのは、

 

「値段の安い、遠くのスーパーマーケットに買い物に行く」

 

という"節約"です。

 

 

仮に、近くにA店とB店の2軒のスーパーがあったとします。

 

A店は徒歩1分、B店は徒歩20分。

A店では卵1パック300円、B店では50円です。

 

卵1パックがどうしても必要なとき、あなたならどちらのスーパーに買いに行きますか?

 

 

これは「A店に行く」のが正解となります。

 

節約で考えられるのは、「お金」だけではなく「時間」も意識することが大切です。

 

ある程度の時間は、お金で「交換」できることを忘れてはいけません。

 

買い物をするときは、最小のコストで最大の利益を得られるように考えなければなりません。

 

 

今回の卵の例の場合…

 

A店で買うと、移動時間の往復2分と、支払い300円がコストになります。

 

B店で買うと、移動時間は往復40分と、支払い50円がコストになります。

 

 

どちらも得られる利益は卵1パックです。

 

コストでみると、時間が38分、金額で250円の差があります。

 

要するに、移動に38分使うと250円安く卵が買える状況です。

 

 

 

「とにかく安い方がいい!」

「安いことがすべてにおいて優先する!」

 

と考える人は節約には向いていません…

 

 

例えば、あなたの時給が1,000円だったとしたら、30分で500円稼ぐことができます。

 

あなたの時間にはそれくらいの価値があるということになります。

 

 

それなのに、38分移動に時間を使って250円しか安くならないなら、時給の半分以下で働いているようなものです。

 

 

それなら、できることなら30分残業したり、趣味に時間を使ったりする方が結果的に節約が上手ということができます。

 

 

今回の卵の例は、分かりやすくするために極端にしゅいていますが、よく似たシーンは大量にあって、その都度その都度、判断しています。

 

 

金額だけでなく、時間のコストも意識することを続けていると、そのうち判断スピードが速くなり、生活自体が豊かになります。

 

 

無理な節約は長続きしません。

 

時間をかけてまで、100円程度しか安くならないようなら、割引のない、もしくは、少し高いくらいの商品に手を出すことも悪くはありません。

 

健全に節約を続けるために、小さな贅沢を許容して、その分、大きな金額の買い物には注意を向けてください。

 

 

 

今回は少し細かいことを書いてみましたが、この考え方は実は投資にも通じる考え方でもあります。

 

 

お金も大事ですし、時間も大切です。

 

そんなあなたの大切な時間をほとんど使わずに、あなたの資産が増えるとしたらいかがでしょうか?

 

 

それが可能になる情報を発信しています。

 

完全無料ですので、まずは↓↓登録をしてみてください↓↓





あなたの一押しがモチベーションアップにつながります。
↓クリックをお願いします↓


為替・FXランキング
おすすめの記事