【2020年5月29日トレード結果】

~2020年5月29日 トレード結果~

損益は→ +56,340円


昨日もプラス収支で、今週もいい結果で終わることができました。

自動売買システム(EA)さん、いつもありがとうございます(^-^)

週末はゆっくりして、また来週よろしくお願いしま~す(^-^)/

 

 

コロナ報道が少し落ち着いてきたところで、いろいろなニュースに目が行くようになりましたね。

 

そこで気になるトピックを発見。

 

これは短時間労働者、特に奥様方のパートに関わる大きな問題です。

 

 

5月29日、年金制度改革関連法案が可決、成立しました。

将来受け取る年金額の底上げと、制度を支える人数を増やすのが狙い。

 

何が問題になるかというと、結果的に奥様方の手取り額が大幅減少することです。

 

つまり、短時間労働者であるパートさん、アルバイトさんも加入義務が課されます。

 

加入すると、厚生年金と健康保険が天引きされてしまい、手取り額が減少…

 

これは気分的に複雑ですよね…

 

 

現状、短時間で働く人達は、従業員数501人以上の企業で週20時間以上働くことが加入要件です。

 

それ以外でも、1週間か1ヶ月の決められた労働時間が、通常の社員さんの3/4以上なら加入義務が発生します。

 

※従業員数が少ない企業の場合、社員さんが1週40時間が会社から決められた労働時間なら、

1週30時間の人は厚生年金と健康保険に加入しなければなりません。

 

 

これらのうち企業規模の要件を、令和4年10月に「101人以上」、6年10月に「51人以上」に2段階で引き上げられます。

 

政府の資産では、51人以上の企業が対象になると、新たに65万人が加入することに。

 

65万人というと、凄い人数ですね!

 

東京都でいうと足立区くらい、千葉県でいうと船橋市の人数くらいです。

 

 

全国市町村人口ランキング25位あたりの市と同じ人数になります。

 

政令指定都市の"区"を1つの"市"として数えた場合、約815市あります。

 

その中の25位の人数なので、凄い人数です!

 

 

ちょっと話が脱線しましたwww

 

これからどんどん人口が減っていくのに、これは長期的に見ても微妙ですね~

 

素人目で見ても、問題を先に先に後回しにしているようにしか見えません。

 

 

そしてこれは、企業側もたまったもんじゃありません。

 

皆さんが給料から天引きされているのと同じ金額を、会社は有無を言わさず徴収されています。

 

 

事実、現在でも、決算が黒字であったとしても、社会保険料が払えず潰れてしまう会社があるくらいです。

 

これが51人以上の企業で、20時間以上の労働となってくると…

 

 

99%が中小企業の日本です。

これまた倒産ラッシュがやってきそうです…

 

 

「もらえる」というより、「戻ってくる」かわからない年金にどこまで付き合う必要があるんでしょうか…

 

しかし今の日本では、年金納入は国民の"義務"となっています。

 

 

大黒柱のパパの会社勤めで徴収されているのは仕方ないとしても、

それを支えるママの収入は守りたいところ。

 

 

そうなると、年金に絡めとられないパート以外のお金の稼ぎ方が必要ですね。

 

 

その一つが投資であってもいいと思いませんか?

 

投資の手法がFXであってもいいと思いませんか?

 

FXの手法が、自動売買システム(EA)でもいいと思いませんか?

 

 

この機会に、ご登録↓↓を検討されてみてはいかがでしょうか?





あなたの一押しがモチベーションアップにつながります。
↓クリックをお願いします↓


為替・FXランキング
おすすめの記事