【2020年5月28日トレード結果】

~2020年5月28日 トレード結果~

損益は→ +34,321円


昨日も難なくプラス収支で終了。

ここ最近は、爆益がなくて派手さはありませんが、安定的な利益をもたらしてくれています(^-^)

 

今週も最終トレード日。

自動売買システム(EA)さん、今日もしっかり頼んます(^O^)/

 

 

緊急事態宣言が解除されて、世間の雰囲気がかなり明るくなったような気がします。

どんどん経済も回って、良い循環に変わって欲しいですね。

 

コロナの影響で、良いも悪いも働き方や環境、時間の使い方や作り方も変わりました。

この機会に、副業や起業された方もたくさんおられますよね。

 

コロナ以前から政府が「副業解禁」をうたい、たくさんの人がチャレンジしています。

でも、成功よりか失敗談をたくさん耳にします。

 

 

私も独立して10年以上が過ぎました。

うちの会社から独立して巣立ったスタッフさんも多数います。

でも、失敗する人と、軌道に乗る人の傾向が見えてきましたので、今回はそれをご紹介させてもらいますね。

 

 

決定的な違いは、「主体性」と「自主性」です。

 

起業や副業で成功するためには、

必ず「主体性」が必要となります。

 

なかなか結果が出せない人は、

たいていが「主体性」に欠けます。

 

「主体性」と「自主性」は、

両方とも積極的で前向きなイメージがありますが、

その言葉の意味は、全然違うものです。

 

自主性は、

「決められたことを自ら率先して行動すること」

 

例えば、

「新商品販売のために、販促イベントをしよう」

と言われたら、率先してやるのが自主性です。

 

主体性というのは、

「何をやる必要があるのか考え、自分で判断し、責任を持って行動すること」

 

さっきの例で言えば、

「どうすれば新商品が売れるのか?販促イベントをやってみてはどうなのか?」

 

こうやって自分で取る必要のある行動を探し、自己責任で実践していくことです。

 

日本の学校教育では、

完全に自主性が求められています。

 

先生が決めたお題や問題に対して

率先して取り組む姿勢になるます。

 

 

会社でもそうですよね。

会社や上司、取引先が出してくれたお題や問題に対して

率先して取り組んでいく。

 

学校と変わりません。

多くの企業がこうなので、学校教育がそっちに寄せているフシもありますが…

 

自主性のあるスタッフさんは、

「優秀なスタッフさん」が多い傾向です。

会社的には、良いスタッフさんですよね。

 

 

しかし、起業や副業で成功するためには、

自分でお題や問題を探して、自己責任で取り組む必要があります。

 

待っていても誰一人として、

お題や問題は与えてくれません。

 

 

つまり、大きなカギを握るのは、

主体性だということです。

 

 

自主性と、主体性の違いをはっきりさせて、

主体的に動いていくと、

ビジネスは上手く回りやすくなります。

 

 

これが身につくと、物事を考えるチカラも着きますし、

変化に気づくチカラも身につきます。

 

れから起業や副業、投資を考えておられる方は、

ぜひ、意識してみてください。





あなたの一押しがモチベーションアップにつながります。
↓クリックをお願いします↓


為替・FXランキング
おすすめの記事