【2020年3月25日トレード結果】

損益は→+191,652
USDJPY→76回
EURUSD→73回


昨日も大きな利益で終了。
本当に優秀で助かります(^_^)/
でも、いつなんどきどうなるかわからないので、これに頼り切らずにしますね。

 

昨日、今日で首都圏の行動自粛が相次いで要請されていますね。
とうとう、そんな状況になってきた、といった感じでしょうか?

今日もコロナネタでブログを書こうと思いましたが、気になる情報が入ってきたのでそちらを少し…

なんと銀行が借金を帳消しに…!?

シェアハウスの不正融資が多数発覚したスルガ銀行が、融資を受けた約250人に対し、物件を手放すと同時に残債務をゼロにする手続きを実施したそうです。

銀行が個人レベルの借金を「帳消し」にすることは、いままででは考えられないことです!
大企業に対する債権放棄はよく聞きますが、まさか個人の借金で…って感じです。

合計額が440億円なので、金額的には大企業と変わりませんね。
しかし、それほど大変なことだったということでしょうか…

実際の融資現場では何が起きていたのかというと、預金通帳の残高改ざんや、物件の「二重売買契約」、"書き上げ"による二重売契が横行していました。

"書き上げ"とは、本当の売買契約書とは別に、銀行から有利に融資を引き出すために作った「偽造」の契約のことです。

しかしこれは、不動産投資をやったことがある人ならお分かりかと思いますが、比較的ありがちな話なんですよね。

ただ今回のスルガ銀行のシェアハウスに関しては、利回りが出ない状態の物件を、銀行と販売会社がグルになって売りつけていたので悪質です。

でも、スルガ銀行も悪い面ばかりではなく、いいところもあるんです。
金利が高くても、よその銀行では融資が下りなかった物件でも、簡単におろしてくれるありがたい銀行でもありました。

ちなみに、書き上げや二重売契は、どこの銀行の営業マンも暗黙の了解で知っているんですけどね(笑)

でも一番不思議に思うのは、こんなあくどいことをしても、銀行は潰れないということです。

いったいどうなってるんでしょうかね?

証券会社がこんなことになったら、即座にアウトなんですけどね。

日本の不思議です…





あなたの一押しがモチベーションアップにつながります。
↓クリックをお願いします↓


為替・FXランキング
おすすめの記事